代表あいさつ

家造り職人は腕の良さと目の付け所が大切。

代表取締役会長 細部までこだわりを実現する職人の腕の良さと、素材を見極めるプロの目を大切にしています。 重要な作業を担う者として、目で見えなくなる部分にまでどう手を入れるか、そしてそれぞれの職人が技を磨き続けると共に、時代の期待に応える工務店として、新しい素材や商品を厳しく検証し採用しております。 ただデザインだけを重要視して造っているわけでは無く、費用、品質、メリットが納得できるものでなければお施主様に勧められません。 そしてその気持ちは昔気質なままでいようと決めています。 「住宅」とは生き物です。 人間が体調管理をするように「住宅」にも長生きしてもらうためには「メンテナンス」が必要です。 「メンテナンス」がしやすく「メンテナンス」にあまりコストがかからず最小限で済む事が「良い家」であると、私たちは考えます。 そしてお客様の「マイホーム」を「自分の家」であるがごとく大切に考え、50年、100年と「長きに渡り安心して暮らせる家」を造る事を会社理念として継承して行くと共に、トップクラスの職人集団でありたいと日々挑戦し続けています。
代表取締役会長
代表取締役会長

ヨシダホームが十勝に根付き、30年が過ぎました。

このたび2018年に社長に就任しました。私の建築士としての経験はもとより、自ら職人として会社を興した先代・吉田会長の「長きにわたり安心して暮らせる家づくり」の心を大切に、当社が35年培ってきた知識を活かした住まいをご提案いたします。ここ十勝は北海道でも特に寒暖の差が激しい地域でもあることから、寒さや暑さに強く、メンテナンスのしやすい住宅が求められています。当社では、普段は目の届かない基礎づくりに注力し、お客さまにしっかりお伝えした上で建築をおこなっています。そうして実際に住まわれた後で「暖かいね」「住みやすいね」と言っていただけることが一番の励みになります。今までも、そしてこれからもお付き合いいただくお客さまに、長く信頼される企業でありたいと願っています。

株式会社ヨシダホーム取締役社長

十勝に新しい風を吹かせたい。

2012年から6年間、ヨシダホームの代表として常にお客さまと向き合い、ユーザー目線をしっかり職人に伝え、理想の暮らしをデザインしてきました。特に私と同じ、子育て世代の皆さまのご要望をお伺いしている中で、子どもを産み育て、働く女性を取り巻く環境はまだまだ厳しいという現実を目の当たりにしました。 株式会社イークは、お子さまも保護者もいきいきと暮らせる住宅づくりのサポートはもちろん、保育園運営や働く女性がもっと輝ける場をクリエイトするために設立しました。イークは古代マヤ語で「光る風」という意味。この土地にある人やモノが「育(イーク)」という風で、新しいコトに挑戦できるようにと名付けました。私たちと一緒に新しい風を吹かせてみませんか。
株式会社イーク代表取締役社長/ 株式会社ヨシダホーム副社長/ 学童施設長
代表取締役会長